強迫性障害・強迫神経症の完治・治療・克服法

いくら病院で治療をしても・・・


いくら処方された薬を飲んでも・・・


全く強迫性障害を克服できなかった私が


たった、16日間、ある簡単なトレーニングをするだけで

強迫性障害の悩みから解放されました!


その方法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

あなたは、強迫性障害の本当の怖さを知っていますか?

今日は前回の予告どおり、
強迫性障害に関する恐ろしいお話です。

 

 

私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
強迫性障害について甘い考えを持っているみたいですね。

 

 

強迫性障害は、生活に支障ををきたさなければ、
珍しい症状ではありません。

 

 

しかし、強迫症状が酷くなると、
普通の社会生活や家庭生活に支障がでることもあります。

 

 

強迫性障害になると、強迫症状による時間の浪費や
強迫症状を回避することにより、対人技能や職業能力が低下し、
人間関係を保てなくなります。

 

 

その結果、自信と社会的能力を低下させます。

 

 

また、強迫行為は、本人も恥ずかしいと思っており、
隠れてこっそりとしていることが多いのですが、
症状が酷くなると、家族に掃除を頻回にもとめたり、
一緒に確認を何度も求めたりと、家族を巻き込むようになります。

 

 

このため、家族の負担も重くなり家族の生活にも影響が出ます。

 

 

さらに病状が酷くなると、家から出られなくなる事もあるみたいです。

 

 

また、強迫性障害の人はストレスが溜まりやすいため、
うつ病になりやすいと言われています。

 

 

この他には、恐怖症、統合失調症、不安障害、心気症、
強迫性人格障害などの心の病気を併発することもあると言われています。

 

 

強迫性障害が重度になると、かなり精神的にきつくなります。

 

 

常にとらわれ思考につきまとわられるので、
常にストレス状態にあるためです。

 

 

また、強迫性障害は重症になると歯を磨いたり、
お風呂に入ったり、人と話したりが出来なくなる人もいます。

 

 

そうした場合は、あまりにも奇妙であることと、
日本の医療機関で一番良く使われている
精神安定剤(抗不安薬や抗精神病薬)が効かないために
”不治の病”と思われてしまうことがあります。

 

 

あなたは、このままで本当に大丈夫ですか?

 

 

強迫性障害を治したいと真剣に考えているなら、
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。

 

 

価格以上の価値はありますので。

 

 

次回は、コウタロウからあなたへメッセージがあります。

 

 

同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。

 

 

続きを読む


意味不明な検索候補