強迫性障害・強迫神経症の完治・治療・克服法

いくら病院で治療をしても・・・


いくら処方された薬を飲んでも・・・


全く強迫性障害を克服できなかった私が


たった、16日間、ある簡単なトレーニングをするだけで

強迫性障害の悩みから解放されました!


その方法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

当サイトについて

現在、強迫性障害や強迫神経症と呼ばれる
心の病気で悩んでいる人がおられます。

 

 

アメリカの報告では人口の2%以上、つまり100人に2人は
強迫性障害(強迫神経症)だと言われています。

 

 

強迫性障害とは、不快な考えが頭に何度も浮かぶため、
その不安を振り払う目的から同じ行動をくり返してしまう病気です。

 

 

以前は、強迫神経症と呼ばれていたのですが、“神経症”という概念が
世界的に使用されなくなり、強迫性障害と呼ばれるようになりました。

 

 

強迫性障害は英語でObsessive Compulsive Disorderというため、
その頭文字をとって「OCD」と言われています。

 

 

強迫症状には、強迫観念と強迫行為の2つに分かれます。

 

 

【強迫観念】

 

繰り返ししつこくあたまにこびりついている考えや、衝動(急になにかをしたくなる)や、
イメージ(映像や声など)で、不安や恐怖、不快感を引き起こすもの。

 

取り払おうと思ってもなかなか取り払うことができない。

 

【強迫行為】

 

強迫観念による不安や恐怖や不快感を一時的に軽くしようとする行為(行動)です。

 

何度も手を洗ったり、鍵をかけたか電気を消したかなどを何度も確かめるというような繰り返しの行為や完全にこの通りにしないと安心できないという儀式行為などがあります。

 

 

強迫性障害は、特別なきっかけなしに徐々に発症してくる場合が多くあります。

 

 

原因もいわゆる心因(心理的・環境的原因)よりも、大脳基底核、辺縁系など、
脳内の特定部位の障害や、セロトニンやドーパミンを神経伝達物質とする
神経系の機能異常が推定されています。

 

 

また、強迫性障害の人は、もともと几帳面、完璧主義、頑固、倹約家などの
性格(強迫性格)の人に多くみられる傾向があります。

 

 

強迫性障害がある場合、その約3分の1の人がうつ病を伴います。

 

 

また、強迫性障害の人で、一生のうちにうつ病を起こす可能性がある人は、
60〜70%に上ると考えられています。

 

 

ですから、できるだけ早く治療することが大切です。

 

 

強迫性障害の治療方法としては、精神分析療法や森田療法、
薬物療法、行動療法など様々なアプローチ方法があります。

 

 

しかし、これらの治療には効果にも個人差があり、
治癒するまでに長い時間を必要とします。

 

 

そこで、当サイトではお金と時間をかけることなく、
効率的に強迫性障害を治療できる方法を紹介しています。

 

 

今まで、様々な治療を試しても、
全く効果がなかったという人もおられるでしょう。

 

 

そんな方は、是非当サイトで紹介している治療法を参考にして下さい。

 

 

強迫性障害は、正しい治療を行えば、ほぼ治る病気です。

 

 

諦めずに頑張りましょう!


意味不明な検索候補